クレアチン 効果

クレアチンの筋肉、体への効果

Wikipediaによると、

クレアチンは生体内において4-ホスホクレアチン(クレアチンリン酸)に変換され、エネルギー源として貯蔵される(後述)。そのため、瞬発力を必要とするスポーツなどに有効といわれており、クレアチンパウダーが多数のメーカーからサプリメントとして販売されている。

引用元:Wikipedia

 

つまり、”高強度の筋トレが出来る=筋肉を成長させやすい”ということになります。

 

クレアチンは筋肉に効果的

クレアチンを摂取して筋トレをすると、パンプアップ(筋肉の張り)がものすごいです。

 

重たい重量で追い込むのも大事と言われていますが、同時に筋肉をパンパンにパンプアップさせることも大事です。

 

クレアチンを摂り入れて筋トレをすることで、そのどちらも得られますので筋肉の成長にはもってこいなのです!

 

クレアチンは口コミ評価が高い

クレアチンの口コミとして多いのが、「効果を実感しやすい」というもの。

 

さまざまなサプリがありますが、中でもクレアチンの体感度合いは高く、ドーピングじゃないか?と疑うほどの実感があると言われています。
※クレアチンはドーピングではありません!

 

HMBと相性がいい

クレアチンは、HMBと一緒に摂るのがオススメだと言われています。

 

 

スポーツ栄養学の権威 ラルフ・イェガー氏によると、

「HMBとクレアチンは作用メカニズムが異なるため、組み合わせることで付加的な相乗効果が期待できる」

とのことです!
HMBサプリのおすすめランキング

 

クレアチンって副作用あるの?

クレアチンには副作用は無いと言われています。
ただ、量が多かったりした場合、何らかの不具合が出ることがあります。(過剰摂取による作用)

 

クレアチンで下痢?

クレアチンをたくさん摂ると、下痢の症状が現れることがあります。

 

クレアチンは水に溶けにくいため腸内で多量の水分が必要になるためだそうです。
必要以上にクレアチンを摂取しなければ問題はないので、様子見をしながら量を調整するのがオススメです!

 

腎臓に悪い?

クレアチンを摂ると、クレアチニンという代謝物質ができます。
このクレアチニンを処理するのが腎臓で、一時的に数値があがり、尿量が増えます。(体外に排出するため)

 

この作用があるため、クレアチンが腎臓に悪いのでは?と噂されているようですが、実際は問題ないそうです。

 

その他、「抜け毛、頭痛、視力への悪影響、精神への影響」などが噂されていますが、これらの副作用に関する情報は特にありませんでした。

 

クレアチンは効果を実感しやすいサプリメントですので、反動がありそうな気がしてしまい副作用の噂が立ちやすい側面があるのでしょうね!
ただ実際は安全で、多量に摂取せず適量を守ればとても強い味方になるサプリメントです!

※あなたに合うHMBが分かるランキング!