HMB プロテイン どっち

HMBとプロテインは併用したほうがいいの?両方いらない?

HMBは、元をたどればプロテイン(たんぱく質)なんです。

 

「まったくの別物という訳ではないから、両方取る必要は無いんじゃない?」

と考える人もいます。

「補いきれない部分があるから、どっちも摂ったほうがいい」

と考える人もいます。

 

これはどちらも正しいと思います。
なので、ケースバイケースで使い分けていくのがベターです。

 

体を引き締めたい場合

男性に多いのがこのケースです。
中肉中背体型以上の場合、筋トレをして筋肉を付けつつ脂肪を落としていく流れになります。

 

  • 筋トレ
  • HMB
  • 食事の脂質を減らし、その分たんぱく質を増やす

これで引き締まった体型になっていくので、プロテインは特別必要ではないと思います。

 

ダイエット目的の場合

”プロテインを飲むと太る”と言われることがありますが、それはプロテインにはカロリーが含まれているからです。
食事でカロリーを抑えていない場合、プロテインを飲むことでカロリーオーバーになる可能性があるのです。

 

  • 食事の管理(摂取カロリー < 消費カロリー)
  • HMB(筋肉の分解を抑える)
  • 筋トレ(筋肉が減らないようにするのが目的なので、軽めでもOK)

 

筋肉をデカくしたい場合

細身の方、ガリガリ体型の方が筋肉をデカくするためには、筋トレ以上に栄養摂取が大事になります。
カロリー不足では筋肉をドンドン増やしていくことは出来ないので、カロリーを多く摂ることが重要です。

 

筋肉を大きくしていきたい場合、HMBとプロテインの併用がオススメです!
食事で摂りきれないタンパク質をプロテインで補っていくという目的です。

 

  • 筋トレ
  • HMB
  • 食事(「摂取カロリー > 消費カロリー」になるように)
  • プロテイン(食事で摂りきれない分を補う)

 

細身の方、ガリガリ体型の方は食が細いことが多く、量が食べられなかったり、胃腸の調子が悪くなったりします。
そのため、プロテインがあると心強いのです。
HMBは筋トレ効果をサポートし、筋肉をつけるために摂ります。

 

プロテインが苦手な場合

  • 体質的にタンパク質の分解が苦手
  • 乳糖不耐症でプロテインを多くは飲めない

 

こういう体質の方は一定数います。
その場合、HMBが非常に役に立ちます!

 

体質的に苦手なものを無理に摂るのは、体にとっては苦痛でしかないので別のアプローチをする方がずっと効率的なのです。

 

プロテインが苦手だけど、筋肉をデカくしたい場合は?

最低でも「体重×1.5g以上のタンパク質」摂取は心がけ、炭水化物を多めにしてカロリーを摂るのがベターと言われています。

 

タンパク質は、3大栄養素なので体作りには欠かせませんので、一定水準は摂りつつ、他でカバーしていくという考え方です。
あとは、HMBを摂りつつ筋トレを行い、筋肉を成長させていきます!

※あなたに合うHMBが分かるランキング!